カードローンの金利の設定について

近年様々な金融機関で契約することができるようになったキャッシングサービス(おすすめサイトはこちら→キャッシング 比較)の内、カードローンは非常に利用しやすいと言うことで高い人気を集めています。カードローンは専用のローンカードを使用することで提携のATMからいつでもお金を引き出したり返済したりすることができる仕組みを提供する金融サービスです。一般のローンとは異なり借りたお金の利用目的を問われないと言う点が使いやすさの秘密になっています。

しかしながらカードローンは様々な利便性がある一方で金利が高く設定されていると言う傾向がありますので注意が必要です。銀行で契約する大型のローン、例えば住宅ローンやカーローンなどの場合には保証人を立てたりすることにより金利を下げる交渉が可能です。しかしながらカードローンの場合には金融機関側が設定する利率で対応しなければならないのが一般的なのです。

カードローンの金利が高い理由にはいくつかの理由があるのですが、1つは保証人を必要としない仕組みを採用しているという点にあると言われています。保証人が強ない代わりに保証会社に保証人の役割を委託しているため、簡単に契約することができる一方で保証会社に支払う手数料が金利に上載せされる形になるのです。そしてその上乗せされる割合は契約者によって異なる仕組みになっています。そのためカードローンサービスの金利が5%から15%のように幅を持たせた記載方法が採用されています。実際に契約した際に自分がどの程度の金利に設定されるのかは契約してみなければわからない部分があると言う認識が必要となります。

最近ではクレジットカードにもキャッシングサービスが付帯している場合がありますが、クレジットカードのキャッシングサービスは金利が高い数値で固定されている場合がほとんどです。そのため緊急時には役立つ仕組みであると言えますが、そうではなく日常的に利用する可能性があるのであればカードローン等のキャッシングサービスを正式に契約したほうがはるかにお得であると考えられます。

お金を借りる時に使われる理由

お金を借りる場合には、家族や親戚であっても、金融会社であっても、理由を聞かれます。それなりの理由が無ければ誰もお金を貸してはくれません。お金が足りなくて借りなければならない状況としては、大きく分けて3つの場合があります。1つ目は、欲しいものがあり、購入資金が足りない場合です。

欲しいものは日常の細々としたものから、車、家など金額の大きなものまでさまざまです。欲しいものがあるという場合は、キャッシングの審査はそれほど厳しくありません。継続的にお金が無い訳ではないと判断されるためです。2つ目は、冠婚葬祭などが重なってしまった時です。特にお葬式関係は急にお金が必要になることが多く、予測がつかないため、給料日前のお金のない時に起こってしまう可能性があります。一時的にお金が不足しているので、キャッシング業者からは借入がしやすいです。

3つ目は、旅行や引越費用が足りないという時です。一過性のものですので、継続的にお金が足りていない訳ではないため、キャッシング業者からの借入はしやすい理由となります。お金を借りる時によく言い訳として使われる言い方にも、3つのパターンがあります。1つ目は、不幸な事件が起こったことを理由とするものです。お財布を落とした、お財布を盗まれた、空き巣に入られた、近しい人が亡くなったため葬式を行わなければならない、等です。

不幸なことが起こってお金が無いというのをアピールできますが、祖父母などが何度も亡くなるなど、笑い話になってしまうエピソードもありますので、何度も使うことはできません。2つ目は、体調不良で病院に行きたいけれどお金が無い、交通違反をしたけれど、お金が無いので罰金が払えない、車やバイクが故障してしまったが修理費が無い、など、急を要する不幸が生じたことをアピールできる理由です。3つ目は、授業料が払えない、家賃が払えない、給食費が払えない等、日常の生活費や子供の教育費などが不足していることを理由とするものです。これらは継続してお金が不足していることの表れのため、キャッシング業者からの借入は厳しくなります。子供の教育費は親戚に借入する時に使いやすい理由です。

カードローンの在籍確認について

カードローンと在籍確認とは切っても切り離せない関係にあります。ここでは、それは一体どういうことなのかを説明しましょう。カードローンとはお金を借りることですが、お金を借りる以上、貸すほうの立場にたっていえばきちんと返してもらえるのかを見極めることが何よりも大事です。カードローンの場合は、保証人が求められるわけでもありませんし、担保が必要なわけでもありません。つまり、思ったとおりに返してもらえなかったからと言って、保証人に返済を求めることも、担保を取ってそのお金にあてることもできないわけです。

要は本人だけが頼りということになり、一体本人の何を頼りにするのかといえばそれは働くことによって得られる収入です。いわば、本人の勤労によって得られる収入をあてにしているというのが、お金を貸すほうの立場から見たカードローンだということができます。ところで、では本人の勤労による収入がどれくらいなのか、そもそも勤労によって収入を得ているのかどうかというのはどのようにして確認すれば良いのでしょう。もちろん一つは本人が記入した申込書です。申込書には勤務先や勤続年数、役職、年収などが記入されるはずです。

しかし、それをどれだけ信用してよいのでしょうか、というところから必要になってくるのがこの在籍確認なのです。もしかすると、申込書には虚偽の内容が記入されているかもしれません。もちろんそういうことは規則で禁止されてはいるのですが、中には意図的に嘘を書く人もいるかもしれません。申込書に記入された嘘の内容をそのまま信じ込んでお金を貸したりしてはそれこそ相手の思う壺で、実際には無職の人にお金を貸しても返ってくる見込みはほとんどないでしょう。

ということで、カードローン会社としては申込書に記載された勤務先に本当に勤務しているのか、確認のために電話をかけます。これが在籍確認です。電話をかけて、本人が間違いなくその会社に勤務しているのかを確かめるわけです。

安心してお金を借りるには

安心してお金を借りるためには、お金を借りる相手を十分に見極める必要がありますし、またお金を借りるさいの一般的なルールも知っておく必要があります。一般的にまずはお金を借りるのであれば、親や友人など身近な人物に依頼することになります。しかし、少額であれば応じてくれる人もいますが、高額になるとハードルは高くなります。また場合によっては人間関係が壊れるリスクがあるため、やはり借りるのであれば業者に対して行うのが無難です。

現代では個人向け小口融資サービスを行っている消費者金融や銀行のカードローンなども充実しているので選択肢は豊富です。しかし、初めて利用するさいには、お金を借りることで発生するリスクを理解しておく必要があります。まずは返済の義務で、当たり前ですが借りたお金は必ず返済しなければなりません。このため将来において十分に返済できるだけの収入があることが大前提です。また借りたお金には手数料として金利が付いてきます。

金利は日本の法律で上限が20%となっているので、これ以上の金利は発生しませんが、それでも1年間で最大2割の利息が生まれる可能性があります。このため出来る限り早めに返済することが重要です。

一般的に大手消費者金融や銀行のカードローンなどは、初めて利用する人には適切な対応をしてくるので安心してお金を借りることができますが、中小の消費者金融などに関してはお金を借りるさいの知識を十分に理解しておく必要があります。

WEB媒体によるキャッシングとプライバシーのメリット

昨今では、インターネットの活躍ぶりは目覚ましいものがあります。やはり利便性の高さが、そのツールの大きな魅力の1つですね。 ところでそのツールは、キャッシングと大きな関係があります。なぜならそのツールは、プライバシーの保護と大きな関係があるからです。

そもそも業者から借りるとなると、誰かに対していない所にしたいと思う事も多いのですね。例えばも家族の方に内緒にするケースもしばしばあります。配偶者の方に内緒で、借りたいと思う事もあるでしょう。またご両親に内緒にしたいと思う方々も見られるのですが。 そのようなニーズを充足したいと思うならば、前述のネット媒体は非常に便利です。なぜならその方法では、簡単には発覚しない傾向があるのです。

借りる方法の1つに、スマートフォンがあります。あのツールはとても便利で、いつでもどこでも借りるための手続きが可能です。もちろんアプリを用いて所定の操作を行えば、借りる事ができる訳ですね。 ところでスマホを操作している姿を見ただけでは、果たして何を行っているか分かりません。街で見かける方々はしばしばスマホを操作しますが、その姿を目撃しただけではキャッシング利用中か否か分からないでしょう。

また人によっては、そのアプリを用いて返済する事もあります。もちろんアプリで所定の操作を行い、金融会社の所定口座に振り込む訳ですね。そして前述のように、その操作中の姿だけでは返済中か否かは不明なのです。

逆に実店舗に足を運ぶ方法の場合は、事実発覚のリスクはあります。実店舗に足を運ぶ姿を誰かに目撃されれば、発覚する可能性は大いにあるでしょう。ちょっとそれは避けたいですね。ですがスマホの場合は、もちろんそれが発覚するリスクが低いわけです。 またスマホの場合、前述のような場所の利便性もあります。どこでも利用する事ができるのですから、手間がかからないでしょう。 このような様々なメリットがありますので、最近のキャッシング利用者は、ネットを積極活用している事が多いのです。

キャッシングの申込で審査が通らず借りれない人

お金が無いと生きていけません。水も飲めないお風呂も入れない、電気もガスも使えません。そして移動するにも電車賃も掛かります。何をするにもお金は生きて行くのに必要なものだと言えるのです。そんなお金が無い時には、気軽にキャッシング業者で借りて生きていければ良いのですが、それがお金に困った人程、キャッシング業者の審査が厳しい形となるのです。

キャッシング業者はお金に困った人に貸すものではあるのですが、返済出来ない人にはお金を貸すことをしないでしょう。それは、キャシング業者の利益が利息の支払い返済で経営が成り立つ業務だからなのです。だから返済が困難な人には厳しい審査となりますので、申込で審査が通らすにお金を借りる事が出来ない人もいるでしょう。キャシング業者はお金を貸してこそ、取引が始まるので、お金が無い人をターゲットにしています。

では誰にでもお金を貸してあげてこそ事業が回って行くのでは無いかっと思いますが、それでも取引を断る人も居るのです。それは、お金を返済出来るか出来ないのかの判断です。それは色々な材料から審査されるのですが、まず、収入は安定してあるのかどうか、今月は返済できても来月は返済出来ないと言った状態の人は審査は通りません。そして審査の時に必ず信用情報機関に問い合わせして閲覧をします。

これは、過去5年間で、借入申込み者が金融機関での取引で事故やトラブルは無いかを見ます。破産したり、債務整理したり、延滞したり、色々な情報が信用情報機関には載せられます。これは通称ブラックリストと呼ばれるもので、これに掲載されると審査が通らない場合が多いと言われます。しかし、過去5年間に置いてブラックリストに載ったけれど、今は、収入が莫大にあると言う人もあるので、審査が通って借りれる場合もあるので、例外もあります。そして、本人の収入に見合った借入希望額かどうかも審査の対象となります。このように審査が通らず取引を断られてお金を借りれない人と言うのは、自分の返済能力以上を求めて借りる場合に起こるものでしょう。

キャッシングの簡単な申込方法と、審査について

キャッシングは、クレジットカードやキャッシングカードを使って、限度額の範囲内で、ATMやCDで現金を借りることです。キャッシングには、来店して申し込みをする方法と、インターネットを使って申し込みをする方法があります。簡単な方は、インターネットで申込みすることです。家に居ながら、誰にも合わずに、気兼ねなくじっくり自分と向き合えるからです。

キャッシングできる会社はたくさんあります。また、持っているクレジットカードについている、キャッシング枠を使うこともできます。カード発行時に、カードと一緒に限度額や金利が書いている紙が入っているので確認できます。 新たに、消費者金融などにキャッシングを申し込みすることもできます。その場合は、同時に数社に申し込むのではなく、一社に絞って申し込みをしてください。

審査の途中で必ず、信用保証会社が間に入りますので、数社申し込んでいることがわかってしまうと、審査が通らなくなる可能性が出てきます。 自分に合う会社はどこなのか、じっくり考えることが必要です。銀行系の消費者金融なのか、消費者金融の中でも名前が知れているところなのかどうか、お互いに信用で成り立っているので、信用できる会社を自分で見つけましょう。

金利や限度額は、審査によって決まるので、自分の希望通りに行くとは限りません。最初は、金利は高く、限度額は低いものです。使っていくうちに、きちんと返済できているのが確認できれば、申請により限度額が増やすことができるかもしれません限度額が大きくなると、金利は低くなる傾向があるので、その時がチャンスです。限度額の増額に対しても、審査はあります。

限度額は、人それぞれの収入金額によって異なってきます。安定した収入があってこそ返済が可能なので、勤続年数も長ければ長いほど、信用されます。転職が多いと、返済できなくなる可能性が高いので、審査が難しくなってきます。転職を考えているときは、転職をする前に申し込みをした方が、審査が通りやすくなります。

1つの会社に借り替えをして複数の金融会社をまとめる

賃金業者などから借りている方々によっては、たまにその件数で悩んでいる事があります。というのも借入者の中には、かなり多くの会社から借りている方も見られるのです。 そもそも借りている会社が2社や3社程度であれば、何とか管理できると思います。ところが6社や10社などの数になると、管理が難しくなってしまう事が多いのですが。というのもそれぞれの金融会社により、締め切りなどが大きく異なるからです。

そもそも借りた場合は、必ず締め切りを守る必要があります。そしてそれぞれの会社によって、その締切日は異なっているのですね。Aの社の場合は毎月15日に固定されるというルールですが、B社の場合は毎月25日などの具合です。 そして6社や10社などから借りているとなると、どの会社が何日の支払いなのか混乱してしまう事が多々あります。どの会社に何円くらい支払いば良いか混乱してしまう可能性も、大いにあり得るのですね。もちろんそれでは、現在の自分のキャッシングの状況が分からなくなってしまいます。

そのような事もあるので、しばしば人々は借換えを行っています。現在6社や10社などで借りているのを、1つにまとめるやり方ですね。 そして金融会社によっては、いわゆるまとめるタイプの商品を扱っている事も多々あります。複数の会社の借金を整理する事ができますので、利用してみてはいかがでしょうか等とホームページでアピールされている事も多いですね。 ちなみにまとめるタイプの商品の場合は、総じて手数料も低い傾向があります。特にメガバンクなどの場合は、それが低い事も多いのですが。 もちろんそれを利用するにしても、必ず審査などは発生します。新規申込の時と同じく、証明書の提出なども必要ですね。 しかし現在の自分の借りている状況が混乱しているようであれば、多少手間がかかっても他の会社にチェンジするのが悪くないと思います。キャッシングの会社によっては色々と相談する事もできますし、チェンジを検討してみるのも良いでしょう。

ローン商品のキャッシングには手数料のメリットが

キャッシングには、実は色々な種類があります。全く同じように見えても、実はかなり内容が異なるのです。 例えばここ最近、多くの会社ではカードローンという商品をアピールするようになってきました。この間も私は、ある銀行から通知を受け取ったのです。久しぶりに銀行から紙媒体の郵送物が届いたので、少々珍しいと思いました。そして開封してみたら、上記のローン商品に関する案内書だったのです。このような商品なので、申込をしてみてはいかがですかとの内容でした。

また紙媒体だけでなく、看板などでも同様です。ここ最近の金融会社の色々と販促活動を強化しているらしく、街中でそのローン商品の看板を見かけるケースも珍しくありません。 ところでキャッシングというのは、もう1つあります。私たちが普段からよく用いているクレジットカードです。普段の買い物において、それを用いている方々も多いでしょう。

そのローン商品とクレジットの違いなのですが、手数料なのです。どちらもカード媒体を用いる事になりますし、そもそも借りる事も共通しています。ですのでその2つの商品は、あまり変わらないのではないかと思っている方も少なくありません。 しかしそれらの商品を良く比べてみると、手数料に差があるケースが珍しくないのですね。クレジット商品の場合は手数料が18%前後になっていますが、カードローンの場合は15%台などの具合です。そしてそれは、決してオーバーな数字ではないのですが。
またそのローン商品の場合は、申し込みの早さに関するメリットもあります。クレジット商品の場合は申込が完了するまでに若干の日数がかかる事も多いのですが、カードローンの場合は非常に速やかに手続きが完了する事が多い訳です。

そして人々は借りようとしている時には、とにかく急いでいる事が多いですね。冠婚葬祭などに伴って、一刻も早い資金調達を望んでいる方も多いのですが。
このようにメリットは色々ありますが、リーズナブルな商品が良い等と思っている時は、クレジット商品よりカードローンの方が良いでしょう。