お金を借りる時に使われる理由

お金を借りる場合には、家族や親戚であっても、金融会社であっても、理由を聞かれます。それなりの理由が無ければ誰もお金を貸してはくれません。お金が足りなくて借りなければならない状況としては、大きく分けて3つの場合があります。1つ目は、欲しいものがあり、購入資金が足りない場合です。

欲しいものは日常の細々としたものから、車、家など金額の大きなものまでさまざまです。欲しいものがあるという場合は、キャッシングの審査はそれほど厳しくありません。継続的にお金が無い訳ではないと判断されるためです。2つ目は、冠婚葬祭などが重なってしまった時です。特にお葬式関係は急にお金が必要になることが多く、予測がつかないため、給料日前のお金のない時に起こってしまう可能性があります。一時的にお金が不足しているので、キャッシング業者からは借入がしやすいです。

3つ目は、旅行や引越費用が足りないという時です。一過性のものですので、継続的にお金が足りていない訳ではないため、キャッシング業者からの借入はしやすい理由となります。お金を借りる時によく言い訳として使われる言い方にも、3つのパターンがあります。1つ目は、不幸な事件が起こったことを理由とするものです。お財布を落とした、お財布を盗まれた、空き巣に入られた、近しい人が亡くなったため葬式を行わなければならない、等です。

不幸なことが起こってお金が無いというのをアピールできますが、祖父母などが何度も亡くなるなど、笑い話になってしまうエピソードもありますので、何度も使うことはできません。2つ目は、体調不良で病院に行きたいけれどお金が無い、交通違反をしたけれど、お金が無いので罰金が払えない、車やバイクが故障してしまったが修理費が無い、など、急を要する不幸が生じたことをアピールできる理由です。3つ目は、授業料が払えない、家賃が払えない、給食費が払えない等、日常の生活費や子供の教育費などが不足していることを理由とするものです。これらは継続してお金が不足していることの表れのため、キャッシング業者からの借入は厳しくなります。子供の教育費は親戚に借入する時に使いやすい理由です。