カードローンの金利の設定について

近年様々な金融機関で契約することができるようになったキャッシングサービス(おすすめサイトはこちら→キャッシング 比較)の内、カードローンは非常に利用しやすいと言うことで高い人気を集めています。カードローンは専用のローンカードを使用することで提携のATMからいつでもお金を引き出したり返済したりすることができる仕組みを提供する金融サービスです。一般のローンとは異なり借りたお金の利用目的を問われないと言う点が使いやすさの秘密になっています。

しかしながらカードローンは様々な利便性がある一方で金利が高く設定されていると言う傾向がありますので注意が必要です。銀行で契約する大型のローン、例えば住宅ローンやカーローンなどの場合には保証人を立てたりすることにより金利を下げる交渉が可能です。しかしながらカードローンの場合には金融機関側が設定する利率で対応しなければならないのが一般的なのです。

カードローンの金利が高い理由にはいくつかの理由があるのですが、1つは保証人を必要としない仕組みを採用しているという点にあると言われています。保証人が強ない代わりに保証会社に保証人の役割を委託しているため、簡単に契約することができる一方で保証会社に支払う手数料が金利に上載せされる形になるのです。そしてその上乗せされる割合は契約者によって異なる仕組みになっています。そのためカードローンサービスの金利が5%から15%のように幅を持たせた記載方法が採用されています。実際に契約した際に自分がどの程度の金利に設定されるのかは契約してみなければわからない部分があると言う認識が必要となります。

最近ではクレジットカードにもキャッシングサービスが付帯している場合がありますが、クレジットカードのキャッシングサービスは金利が高い数値で固定されている場合がほとんどです。そのため緊急時には役立つ仕組みであると言えますが、そうではなく日常的に利用する可能性があるのであればカードローン等のキャッシングサービスを正式に契約したほうがはるかにお得であると考えられます。