仮想通貨の未来について知識を蓄える

仮想通貨によって未来は変わるか?

ビットコインやビットコインキャッシュなどが以前までは決済手段になるのかと2017年では、そう考えた方も少なくはなかったと思います。しかし2018年ではNEMやライトコインなどが勢力を増してきています。まだ価格自体に影響はそこまでありませんが、NEM決済などを導入した店舗が徐々に増えてきています。渋谷ではNEMbarなるバーが誕生し話題になり、投資家たちの憩いの場になっています。仮想通貨は投機でしかないとメディアや傍観者によく叩かれますが、筆者はそうは思いません。リップルは内外為替一元化コンソーシアムを掲げ、世界の金融ネットワークを作ることをプロジェクトクトにしていますし、Nemはアポスティーユという国の機関が扱う個人情報に結び付く書類の管理をブロックチェーンでしようと計画しています。このふたつのプロジェクトは壮大ですので実行までに年単位の期間はかかりますが、大きな社会貢献といえます。

仮想通貨によって人員が削られる

さきほどリップルのプロジェクトの話をしましたが、リップルのxCurrentを実装した銀行は徐々に自動化に向けリストラを余儀なくされました。よく未来の話でロボットによって相談窓口や工場の人員がいらなくなるなどの話が出ますが、いよいよ現実的になってきました。アメリカでAmazonが勢力を増すたびに中小のショッピングモールやスーパーマーケットが潰れたなんて話もよく聞きます。専門職でも生き残れるかわからない時代です。

日本は取り残される

日本は現金主義の人が多く、suicaの決済ですらそこまで普及していません。使っているのは20~30代が主なユーザーでしょう。仮想通貨は発展途上国の方が普及が早い傾向があります。これは自国の経済状況や政治が大きく関係し、自国の通貨がインフレにより紙切れより価値がなくなれば、その前にビットコインにしておこうという考えは誰もが思いつきます。比較的、法定通貨が安定している日本では絶対にない状況ですよね。

一方インドや中国では個人店舗をはじめスマートフォン決済を誰もが使っています。毎回おつりを受け取るなんてことは時代遅れになっています。コーヒー一杯でも彼らはスマートフォン決済です。このモバイル決済の利用率は日本はわずか6%ほどで、中国では98%というデータもあります。

これは中国企業であるアリババ社やテンセント社の貢献が大きいのです。彼らはQRコードとスマホがあれば誰でも簡単に送金が行える仕組みを開発しました。またこれは個人間で送金ができる機能もあるので爆発的に普及しました。電子決済は行列の解消にも役立っています。ランチやディナー、またはスターバックスのようなコーヒーショップなどはレジに必ずと行ってよいほど人が順番待ちになります。これがモバイル決済があるだけでどれだけスムーズになることか。中国ではQRコード読み取りで自転車が借りられる、レンタルサイクルが流行るなどビジネスモデルは広くなっています。日本も何か早く手を打たないと海外からの渡航者の足にも影響が出そうですね。

イーサリアムとは

イーサリアムとは

仮想通貨は日本国内の取引所で取り扱っている仮想通貨数は約20種類ぐらいですが、海外の取引所や開発されたコインの数は1000種類を超えています。前回少し触れましたが、通貨発行権を得るということは革命的なことであり驚異的です。誰もがビットコインのシステムをマネして自分が儲かりたいという一心でコピーが多数生まれました。イーサリアムやリップルなど真面目な開発者が作った仮想通貨はとても少ないのです。

時価総額2位のイーサリアムはビットコインよりも有能な部分があります。ビットコインはボーダレスな決済や国際送金を安くできるというメリットがありますが、イーサリアムはさらに契約をブロックチェーン上に記録が出来ます。例えばAさんに1万円を貸して、一ヵ月後に1万円を返してもらうという契約を自動的に行ってくれます。またイーサリアムはブロックチェーン上に指定された言語を使えば分散型アプリを作ることが出来ます。

分散型アプリ

イーサリアムはこの分散型アプリで高騰したときがありました。そのアプリとは仮想子猫(クリプトキティーズ)というカナダの会社が開発したもので、猫同士を交配させて新しく子猫を作ったり、ETHで売買も可能なのが魅力です。一番高い子猫は1000万円以上の価格がついたとのことです。

このアプリによってイーサリアムの価値が上がり高騰へと繋がりました。まさにイーサリアムは金がなる木のようなものです。イーサリアムの開発メンバー自身でアプリを作らなくても、世界中のアプリ開発者たちがイーサリアムでアプリを開発しています。クリプトキティーズのようなヒットアプリが誕生すればするほどイーサリアム価格が上昇する見込みがあります。

ビットコインとは

ビットコインとは

1番はじめに作られた仮想通貨であり、サトシナカモトなる人物から開発者のメーリングリストに論文が送られ、その論文に興味を持った開発者が実行に移したの結晶がビットコインです。2009年に誕生したビットコインは、その頃はまだ知名度がなく開発者同士の取引や興味を持った一部の者だけのネットワークで法定通貨との交換をしたぐらいのものでした。スマートフォンアプリ内でも仮想通貨のようなトークンはありますが、そのようなトークンは法定通貨に戻すことは出来ません。ビットコインをはじめとした仮想通貨はすべて双方向で換金ができるのが大きな特徴です。

大元の開発者サトシナカモトはなぜ自分で開発を行わなかったのか?または開発者たちが勝手にでっち上げた作り話なのか?はわかりませんが、政府以外が通貨発行権を得たということはとてもインパクトが大きいことなのです。お金を発行できるということは一見政府が抑え込みに入る可能性が高いのですが、ビットコインは7年以上も存在を消すことなく取引が行われています。

仕組み

ビットコインの肝となるブロックチェーンという仕組みこそが、お金としての信頼を厚くしています。ブロックチェーンはP2Pの応用で、分散型にサーバーを置くことにより中央集権のように一箇所をハッキングされても修復しやすいというメリットがあります。また取引や送金の際に不正がないかどうかの承認が数回行われる仕組みがあります。これをマイニングといい、ブロックチェーンを作った開発者が不正をチェックするのでなく、誰もがPCさえあればマイニングに参加できます。マイニングをする人をマイナーと呼び、彼らはブロックチェーンのシステムを手伝うことによりアルバイト代のようにビットコインをもらうことが出来ます。マイニングはコンピュータでの膨大な計算が必要で、一番早く計算ができたマイナーにのみ報酬が支払われる仕組みです。

 

仮想通貨とは

仮想通貨は専門誌やTVなどでも話題に上るくらい盛り上がりを見せています。これから始めてみたいという方は、取り敢えず無理のない範囲でビットコインを買い求めてみるべきだと思います。ビットコインを安全に取り引きするためのシステムがブロックチェーンという仕組みです。ブロックチェーンはデータベースの改変を防止できる仕組みになりますから、不正なく売買をすることができるわけです。ブロックチェーン技術の仕組みについて何も知らなくても、仮想通貨取引はできると思いますが、詳しく理解しておいてもマイナスになることはないと思われます。

仮想通貨取引用の口座開設に関しては、意外に時間はいりません。シンプルなところだと、最短20分くらいで開設に必要な各種手続きを済ませることができるのです。投資を行なう気持ちで仮想通貨を買う時は、日常生活がレベルダウンすることがないようにするためにも、度を超すことなく小さな額から足を踏み入れるようにするべきだと思います。パスポートなどの身分証明書、メルアドだったり携帯電話さえ準備できれば、仮想通貨取引専用の口座開設を完了することが可能です。必要な物を目の前に準備して手続きしてもらえればと思います。

仮想通貨にはICOと称されている資金調達法があって、トークンと称されている仮想通貨が発行されることになるのです。トークン発行による資金調達法は、株式を発行する時と変わりません。「わずらわしいチャートを見るのは抵抗感がある」というような方は、bitFlyerの登録者だけが利用できる簡素なウェブツールが使いやすいはずです。確認したい情報だけ見ることができます。失敗しないためにも、ビットコインを買い付ける場合は、慎重にちょっとずつ行なっていき、仮想通貨につきまして更に知識を深めつつ保有する額を買い足していく方が良いでしょう。ビットコインが持つウィークポイントを取り除いた「スマートコントラクト」という名前の全く新しいテクノロジーを用いて業務展開しているのが、仮想通貨のひとつであるイーサリアムなので知っておいて下さい。仮想通貨売買をしたいのであれば、一先ず口座開設する必要があります。開設すると言いましてもそれほど時間を要しないので、今直ぐにスタートが切れます。