Home最新映画ニュース「007 スペクター」監督...

「007 スペクター」監督が後悔 脚本に時間をかけられなかった : 映画ニュース – 映画.com


2022年11月17日 11:00

サム・メンデス監督が告白

「007」のファンのあいだで第23作「007 スカイフォール」(2012)は、ダニエル・クレイグ版「007」全5作だけでなく、シリーズ最高傑作との評価が高い。興行でもシリーズ史上初めて世界累計興収10億ドルを突破している。

一方、続編となる第24作「007 スペクター」(15)への評価は芳しくない。前作と同じ監督がメガホンをとっているのにもかかわらず。このほど、「007 スカイフォール」公開10周年を記念し、この2本でメガホンをとったサム・メンデス監督(「アメリカン・ビューティー」「1917 命をかけた伝令」)を米ハリウッド・レポーターが直撃している。

007 スカイフォール」が傑作になったのは、製作中断のトラブルに遭ったことが原因だと、メンデス監督は振り返る。

「いまではみんな忘れてしまっているが、(スタジオの)MGMが倒産し、『ついに終わりだ。もう製作費を賄えない。『007』の終わりだ』という声が優勢だった」

製作が中断されている10カ月のあいだ、メンデス監督はニール・パービスロバート・ウェイドジョン・ローガンら脚本家の力を借りて、問題箇所の修正・改善をすることができたという。

一方、「007 スペクター」の場合は、前作がシリーズ最大のヒットとなったため、一刻も早く製作に着手するよう内外からのプレッシャーがあったようだ。準備に充分な時間をかけることができなかったことは、「脚本にも出ている」と、メンデス監督は言う。

だが、メンデス監督は「007 スペクター」の失敗よりも、「007 スカイフォール」の成功を大切にしているという。「『スカイフォール』の製作は試行錯誤の連続でしたが、多くの人が見てくれたという点で、計り知れないほどの手応えを感じています」

メンデス監督は、自身が脚本を執筆した最新作「エンパイア・オブ・ライト(原題)」の公開を控えている。

(映画.com速報)





Source link

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事