Home47ronin 出演者『47RONIN』続編の撮...

『47RONIN』続編の撮影が開始 キアヌ・リーブスは出演せずマーク・ダカスコスが主演 | cinemacafe.net


「忠臣蔵」を大胆にアレンジしたハリウッド映画『47RONIN』(2013)の続編(タイトル未定)が製作されることが明らかになった。すでにブダペストで撮影が始まっているという。製作会社の「Universal 1440 Entertainment」が発表した。

『47RONIN』に主演したキアヌ・リーブスは出演せず、今作のメインキャストを務めるのは、女優、YouTuberとして活躍するアンナ・アカナ(『アントマン』)とマーク・ダカスコス(『ジョン・ウィック:パラベラム』)。前作の300年ほど後の時代が描かれ、サムライの氏族が密かに存在する現代が舞台となる。

「Universal 1440 Entertainment」の重役グレン・ロスは、「現代に舞台を設定した『47RONIN』の続編で、日本の古風なサムライたちの物語を続けられることに大変うれしく思います」。前作のカール・リンシュ監督からバトンを引き継いだ俳優・監督のロー・ユアンに対しては「多様で包括的なサムライのビジョンを実現させてくれるだろう」と太鼓判を押す。

脚本はジョン・スウェットナム(『ステップ・アップ5:アルティメット』)と長編デビューとなるエイミー・ガルシア、A・J・メンデスの3人。「Collider」によれば、劇場ではないプラットフォームで2022年に公開予定だという。

『47RONIN』にはキアヌのほか、真田広之、柴咲コウ、菊地凛子らが出演していた。



LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事