Home47roninキアヌ・リーブス、メジャー...

キアヌ・リーブス、メジャースタジオからのオファーがもうないことを認める | GQ JAPAN


キアヌ・リーブスはかつて、同世代の中でも突出したアクション俳優であり、ヒット請負人であった。「スピード」や「マトリックス」三部作の成功が何よりの証拠だ。しかし最近ではブロックバスター作品に姿を見せることはほとんどなくなり、数少ない出演作の1つ「47RONIN」は興行収入が製作費に届かず、初監督作「ファイティング・タイガー」(2013)の評判も散々なものに終わった。そんな彼がIndiewireのインタビューに応え、「マトリックス レボリューションズ」(2003)以降、メジャースタジオからのオファーがほとんどないことを認めた。

「最後にスタジオ映画に出たのは『47RONIN』だったけど、それまでかなりの期間が空いている。たぶん、『地球が静止する日』以来じゃないかな。スタジオからの出演オファーはもうほとんどないんだ。それでいいのかって?そんなわけないだろ。最悪だよ。でもそうなっちゃったんだよな」

「マトリックス」シリーズはワーナー・ブラザース、「地球が静止する日」は20世紀フォックス、「47RONIN」はユニヴァーサル・ピクチャーズの製作だが、それ以外の出演作はほとんどがインディペンデント映画だ。この状況にリーヴスは不満を持ってはいるが、小作品への出演を嫌っているというわけではないようだ。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事