Home最新映画ニュースディズニー、講談社とアニメ...

ディズニー、講談社とアニメ作品の配信を含む戦略的協業の拡大を発表 第一弾として『東京リベンジャーズ 聖夜決戦編』をディズニーの動画配信サービスにて見放題世界独占配信|企業情報|ディズニー公式




ディズニー、講談社とアニメ作品の配信を含む戦略的協業の拡大を発表
第一弾として『東京リベンジャーズ 聖夜決戦編』をディズニーの動画配信サービスにて見放題世界独占配信1


Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長キャロル・チョイ、以下、ディズニー)は、本日、日本の大手出版社、株式会社講談社(東京都文京区、代表取締役社長 野間省伸、以下、講談社)と、約70年にわたる出版分野での関係に加え、アニメ作品を配信するという戦略的協業の拡大を発表いたしました。今回の合意により、講談社が生み出す人気漫画を原作とするアニメ作品をディズニーの動画配信サービスにて配信することになり、第一弾として、2023年1月(予定)から、『東京リベンジャーズ 聖夜決戦編』を国内ではディズニープラスにて定額制動画配信(SVOD)で見放題独占配信、海外では、ディズニープラス、Disney+ Hotstarにて、見放題世界独占配信1いたします。

ディズニーの動画配信サービスは、現在世界154の市場において2億3500万人以上の加入者を有しています。

株式会社講談社 代表取締役社長 野間省伸は、次のように述べています。「講談社とウォルト・ディズニー・カンパニーとの特別な関係は70年以上も前に始まり、当社はこれまでにライセンスを受けて多くの出版物を刊行してまいりました。今回の、当社作品を原作としたアニメ作品をディズニーの動画配信サービスで見放題世界独占配信していくという喜ばしいニュースは、当社にとって貴重な財産であるIPを世界に羽ばたかせることができるというだけではなく、両社の特別な関係を多角化し、益々発展させるものとして、我々も大きな期待を寄せています。」

ウォルト・ディズニー・カンパニー APAC オリジナルコンテンツ、エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 代表取締役社長キャロル・チョイ(Carol Choi)は、次の通りに述べています。「長年のパートナーである講談社との戦略的協業を進化させ、アニメというエキサイティングな領域でその関係をさらに深めることができ、とても嬉しく思っています。日本のアニメは、我々のコンテンツ開発におけるホワイトスペースを埋めるものであり、今回の関係拡大は、ディズニーのアニメーション戦略において重要なステップであり、今後の“ゲームチェンジャー”になると信じています。また、講談社の人気アニメ作品と貴重なIPを世界の舞台にお届けできることを楽しみにしています。」

『東京リベンジャーズ』シーズン2について
第44回講談社漫画賞少年部門を受賞し、累計部数6500万部を超える超人気漫画『東京卍リベンジャーズ』(週刊少年マガジン連載、著・和久井健)のアニメ化作品。社会現象と化した同シリーズの続編が2023年1月から、全国37局にて順次放送開始するほか、ディズニープラスにて配信予定。このシーズン2では原作でも話題となった「聖夜決戦編」を描く。中学時代の恋人、日向(ヒナタ)が東京卍會の抗争に巻き込まれて死亡する、という運命を変えるべく、タイムリープし奮闘を続けるタケミチと東京卍會が、黒龍(ブラックドラゴン)と対峙する。
公式サイト:https://tokyo-revengers-anime.com/

株式会社講談社について
明治42(1909)年創業、令和4(2022)年12月をもって114年目を迎える総合出版社。
初代社長・野間清治が掲げた創業精神「おもしろくて、ためになる」を理念に、出版を通し、人々の暮らしの役に立ち、心の豊かさに資する出版活動を行っています。
パーパスである「Inspire Impossible Stories」は、「物語の作り手と受け手の両者に新たな発見や創造性を提供し(=Inspire)、ありえない、見たこともないような(=Impossible)、物語を生み出し(=Stories)、その物語がさらなる見たこともない現実を作る」を表しています。
https://www.kodansha.com/jp/

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社について
ウォルト・ディズニー・カンパニー(米国本社)は、1959年に現地日本法人を設立し、日本市場に本格参入しました。2000年4月に日本国内の複数の関連子会社を統合、2002年8月にウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社に社名変更し、ディズニーのビジネスを日本で管轄しています。スタジオ・モーションピクチャーズ、メディア、ダイレクト・トゥー・コンシューマ動画配信サービス、コンシューマ・プロダクツ、ディズニー・ストア、ゲーム、パーク&リゾートなど幅広いビジネスで相互に”シナジー”(相乗効果)を高めながら、多角的に事業を展開しています。
https://www.disney.co.jp/

ディズニープラスについて
Disney+(ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する動画配信サービスです。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィック、そしてゼネラルエンターテイメント・コンテンツ・ブランド、スターの、長編映画やドキュメンタリーに加え、実写およびアニメーションのシリーズや短編作品など、ここでしか見られない多彩な作品を提供しています。またディズニープラスは、ウォルト・ディズニー・カンパニーがお届けする動画配信サービスの旗艦サービスとして、ディズニーの長い歴史の中で誕生した映画やテレビ作品に、かつてない規模感でのアクセスを可能にするほか、ウォルト・ディズニー・スタジオの最新作を独占的にお届けします。スターでは、20 世紀スタジオ、ディズニー・テレビジョン・スタジオ、FX プロダクションズ、サーチライト・ピクチャーズなどの名作に加え、日本や韓国作品も多数登場します。詳細は公式サイトhttps://www.disneyplus.com/jpをご覧ください。

  • 公式Twitter:@DisneyPlusJP
  • 公式Instagram:@disneyplusjp
  • 公式facebook:@DisneyPlusJP
  • 公式TikTok: @Disneyplusjp
  • Hashtag: #DisneyPlus

© 2022 Disney and its related entities


1 中国本土を除く



Source link

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事