Home映画マーベルも羨む韓国技術力の...

マーベルも羨む韓国技術力の総合、映画『宇宙+人』の製作ビハインド(1) | Joongang Ilbo | 中央日報



ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.25 13:40

「韓国的な方式で『アベンジャーズ』のような面白い映画を作りたかった」

SF時代劇アクション映画『宇宙+人』の演出を手掛けた監督チェ・ドンフン(『10人の泥棒たち』『暗殺』)の公開前の覚悟だ。『宇宙+人』は計第2部作の中で第1部が20日公開されて4日間で66万観客を動員した。純製作費330億ウォン(約34億円)が投入された第1部の損益分岐点は730万人だ。

観客の立場で『宇宙+人』は見慣れない映画だ。高麗時代と2022年の現代をタイムスリップして人間の体に収監されて脱出したエイリアン囚人と彼らを捕まえようとする宇宙ロボット、道士が運命をかけた戦闘に巻き込まれる。「新鮮だが難しい」「子どもたちと観たが、面白かった」などの反応(以上メガボックス前売りアプリの口コミ)が分かれる。

それでも奇想天外な見どころを実感できるように実現した技術的完成度には称賛が続く。女優キム・テリ、俳優リュ・ジュニョル、俳優キム・ウビン、俳優ソ・ジソプなど華麗なる出演者に劣らず、製作スタッフもベテランで構成された。美術は『お嬢さん』『暗殺』のリュ・ソンヒ美術監督と『パラサイト 半地下の家族』『10人の泥棒たち』のイ・ハジュン美術監督が力を合わせた。美術監督2人が一つの作品で一丸となったのは韓国商業映画史上初めてだ。コンピュータグラフィック(CG)は『神と共に』『スペース・スウィーパーズ』『白頭山大噴火』などを作ったデクスタースタジオのジェガル・スンVFXスーパーバイザーが引き受け、アクションは『パラサイト 半地下の家族』『哭声/コクソン』などに参加したユ・サンソプ、リュ・サンチョル武術監督が担当した。韓国映画で最長とされる387日間の撮影期間。韓国映画の最前方にある現場製作スタッフが聞かせた映画ビハインドをキーワード別にまとめた。

◆エイリアン=イ・ハジュン美術監督は「今回の映画は過去最多の『ビフォー(Befor)』と『アフター(After)』があった」と語った。CGで完成される場面を想像して撮影するしかなかった場面がその分多かった。エイリアンキャラクターは「人間と似ているが、神秘な恐れを感じれば良いだろう」といったチェ・ドンフン監督の希望によってジェガル・スンVFXスーパーバイザーがエイリアンの進化過程まで想像して実現した。

映画の中でエイリアンは知能が良く超音波でコミュニケーションをとり、目や鼻、口、手足の関節は退化した状態。現場では『新感染 ファイナル・エクスプレス』『キングダム』『哭声/コクソン』などの「ゾンビ振付け師」チョン・ヨンさんがエイリアンのモーションキャプチャーを担当した。2~3メートルのエイリアンの身長に合わせて頭の上に長い棒を付けて延期した。

マーベルも羨む韓国技術力の総合、映画『宇宙+人』の製作ビハインド(2)

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事