Home映画不気味な飛行物体を“絶対に...

不気味な飛行物体を“絶対に見てはいけない” 映画『NOPE/ノープ』最新予告映像が公開 – otocoto | こだわりの映画エンタメサイト


斬新な映像とアイディアで人種差別を鋭く描き、鮮烈な監督デビューを飾った『ゲット・アウト』(17)、前作同様に深いテーマを提唱し大ヒットを記録した『アス』(19)。自ら製作、脚本、監督をこなし、『ゲット・アウト』では第90回アカデミー賞で脚本賞も受賞したジョーダン・ピールの3年ぶりの最新作、映画『NOPE/ノープ』。

先日解禁となった予告映像から少しだけストーリーが明らかになった最新予告映像が公開された。





田舎町に住む一家は、広大な敷地の牧場経営で生計を立てていた。ある日、その一家の長男である主人公は、家業をサボって市街に繰り出す妹にウンザリしていたところ、突然と空から異物が降り注ぐ。止んだかと思うも束の間、直前まで会話していた父親がなんと息絶えていた。

主人公は父親の不可解な死の直前に、雲に覆われた巨大な飛行物体のようなものを目撃したことを妹に明かし、やがて兄妹はその飛行物体の物的証拠を収めた“バズり動画”を撮影することを思いつく。そして、撮影技術者に声をかけカメラに抑えることを試みるのだが、この後、彼らに想像を絶する事態が待ち受けていた。「見てはダメ。」と自分に言い聞かせる妹、そして主人公が「絶対に見つめるな。」と警告する“ヤツら”の存在‥‥果たして見つめてしまったら、何が起こってしまうのか?まだまだ謎に包まれた物語の行方に目が離せない。

これまで『ゲット・アウト』、『アス』と高い完成度を追求しながら、社会問題への辛辣なメッセージをも絶妙に絡めた独特の作風で、高い評価を得てきたジョーダン・ピール監督。約3年ぶりに、監督・脚本を手掛け、自身の史上最も壮大なスケールでおくる最新作ではどのようなメッセージが込められているのかにも期待が高まる。

映画『NOPE/ノープ』は、8月26日(金)より全国公開。

作品情報

映画『NOPE/ノープ』

ハリウッド唯一の黒人経営でもある牧場を営む男女。夜、広大な敷地を誇る牧場で、馬を連れて歩く男が遥か先に光り輝く物体を見つける。すると突然、悲鳴を上げた馬が光に目掛けて駆け出す。空を見上げ始める人々、暗がりの空に飛翔する物体、人に近い何者かとの接触、吹き上がる荒野の砂埃、そして広大な荒野を覆う巨大な影、不穏な空気に包まれる田舎町。突如崩壊した自室の天井から、脱出した女性が、悲鳴を上げながら晴天の空に吸い込まれていく。果たして、スリラーの新旗手ジョーダン・ピール監督が描く衝撃的な“最悪の奇跡”とは何か?

監督・脚本:ジョーダン・ピール

出演:ダニエル・カルーヤ、キキ・パーマー、スティーヴン・ユァン、マイケル・ウィンコット、ブランドン・ペレア他

配給:東宝東和

©2021 UNIVERSAL STUDIOS

2022年8月26日(金) 全国公開

公式サイト nope-movie.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加



LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事