Home最新映画ニュース“声優”生田絵梨花は「怖い...

“声優”生田絵梨花は「怖いぐらいの才能でした」 劇場版『かいけつゾロリ』最新作の音響監督が絶賛 | ORICON NEWS


 俳優の生田絵梨花が、劇場版アニメ『かいけつゾロリ』シリーズ最新作『映画かいけつゾロリ ラララ♪スターたんじょう』(12月9日)で、ヒロイン・ピポポの声優を務める。そのポテンシャルを音響監督を務めた三間雅文氏は「怖いぐらいの才能でした」と絶賛する。

『映画かいけつゾロリ ラララ♪スターたんじょう』で声優を務める生田絵梨花

写真ページを見る

 小学生の人気No.1児童書シリーズ誕生35周年に公開される記念作。ゾロリとスターを目指す女の子・ピポポの勇気と友情の成長ストーリーを、ライブやミュージカル、ラップなどさまざまな音楽を織り交ぜて届ける。


 生田はミュージカル作品での高い歌唱力をもとに、原作の原ゆたか氏や制作サイドからラブコールを受け、出演が実現した。生田自身も『かいけつゾロリ』シリーズを小学生の時に全巻読んでいたこともあり、快諾した。

 ヒポポは天性の歌声を持ちながらも、自分に自信がない女の子。生田は「私も授業で手を挙げたり緊張してしまうことが苦手で、でも歌うことは大好きな子でした。歌うと勇気が出てきて、頑張ろうと思えたんです。ヒポポと私はとっても似ていますね」と共感を寄せ、アフレコに臨んだ。

 その姿について、緒方隆秀監督とともに生田の演技指導にあたった音響監督の三間氏は「(生田の)印象としては怖いぐらいの才能でした。(アフレコの)回数を重ねるごとに良くなってくるので、どこをOKにするのか非常に悩みました。末恐ろしい方だな、というのが第一印象でした」と振り返る。

 『ポケットモンスター』シリーズや、『SING/シング』シリーズ、『僕のヒーローアカデミア』などの音響監督を務め、アニメ業界でひっぱりだこの三間氏から太鼓判を押された生田が、ヒポポをどのように演じているのか、期待が高まる。





Source link

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事