Home映画映画『エルヴィス』オーステ...

映画『エルヴィス』オースティン・バトラーがエルヴィスの楽曲を熱唱するリハーサル映像が公開 – otocoto | こだわりの映画エンタメサイト


若くして謎の死を遂げたスーパースター、エルヴィス・プレスリー。史上最も売れたソロアーティストであり、彼がいなければ、ビートルズも、クイーンも存在しなかった。エルヴィスの誰も知らなかった真実の世界物語を、『ムーラン・ルージュ』『華麗なるギャツビー』のバズ・ラーマン監督が映画化した、映画『エルヴィス』。

この度、主演のオースティン・バトラー自身が、エルヴィスの楽曲を熱唱するリハーサル映像が公開された。





映像には、若かりし頃のエルヴィスの歌唱パフォーマンスを全て吹替え無しで行ったオースティンが、エルヴィスの楽曲“ベイビー・レッツ・プレイ・ハウス”を熱唱する姿が映し出されている。映画『シャーペイのファビュラス・アドベンチャー』(11)や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(19)など、俳優として幅広く活躍してきたオースティンだが、録音スタジオでレコーディングするのは今回が初めての経験だったという。

エルヴィス・プレスリーが240曲もの楽曲を録音したRCAスタジオで、スタッフ全員の前で「ベイビー・レッツ・プレイ・ハウス」を披露することになったオースティンの姿が映り、「エルヴィス・プレスリーです!」とバズに紹介され、緊張した面持ちでマイクの前に立つオースティン。その表情は、初めてステージに立つ若き日のエルヴィスを想起させる。しかし、オースティンが歌唱を披露するやいなや空気は一変、バズをはじめそこにいるスタッフ全員がオースティンのオーラに取り込まれ、全員がノリノリに。ビートに合わせた独特のダンスで熱唱し、会場を熱狂の渦へと落とし込むオースティンの姿は、正にエルヴィスそのもの。全身でエルヴィスを体現しようとする、オースティンの迫真の演技に脱帽するしかない、貴重なリハーサル映像となっている。

オースティンは当時を振り返り、「エルヴィスを演じていた間、自分から火の中に飛び込んでいかなくてはいけない瞬間が何度もありました。キャスティングされたばかりだったのに、バズに促されてRCAスタジオで働く多くの人たちの前で誰もが知る名曲を歌うことになったときは、恐ろしく緊張して全身が震えあがっていました。でも、そのような瞬間を経験することでだんだんと慣れないことに挑戦するときに感じていた恐怖が小さくなっていき、最初とは全く異なる体験になっていきました。そしてそれはエルヴィスが初めてステージに立ったときに感じたことなのだと感じるようになったんです。」と語っている。





映画『エルヴィス』は7月1日(金)より全国公開。

作品情報

映画『エルヴィス』オースティン・バトラーがエルヴィスの楽曲を熱唱するリハーサル映像が公開

映画『エルヴィス』

世界史上最も売れたソロアーティスト、エルヴィス・プレスリー。彼がいなければ、ビートルズも、クイーンも存在しなかった。 エルヴィスの誰も知らなかった真実の物語を、『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が映画化。

監督:バズ・ラーマン

出演:オースティン・バトラー、トム・ハンクス、オリヴィア・デヨング、コディ・スミット=マクフィー

配給:ワーナー・ブラザース映画

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

2022年7月1日(金) 全国公開

公式サイト elvis-movie.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加



LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事