Home映画映画『恋は光』・神尾楓珠&...

映画『恋は光』・神尾楓珠&西野七瀬が監督より指導を受けるメイキング写真が解禁 | マイナビニュース


映画『恋は光』・神尾楓珠&西野七瀬が監督より指導を受けるメイキング写真が解禁

神尾楓珠主演、西野七瀬ヒロインの映画『恋は光』(6月17日より全国ロードショー)のメイキング写真が解禁された。

【写真】神尾楓珠、西野七瀬が監督から指導受けるメイキング写真

本作は、秋★枝氏による同名人気コミックが原作で、“恋する女性が光を放ってキラキラして視える”という特異な体質を持つ男子大学生の初恋を描き、恋愛感情に振り回されながらも、“恋って何だろう?”と「恋」の定義について主人公たちが考察していく。

“恋の光”が視える大学生・西条を演じるのは、いま最も注目を集めている俳優・神尾楓珠。西条にずっと片想いをしながらも「光っていない」と言われてしまう幼なじみの北代を、西野七瀬が演じ、共演には、東雲役の平祐奈、宿木役の馬場ふみかが顔を揃える。

今回解禁されたのは、大学での撮影のメイキング写真。クセのある会話劇が一味違う恋愛映画を創り出している本作だが、西条が「恋の定義をしてみませんか?」と東雲を交換日記に誘うシーンの撮影で、小林啓一監督から演出を受ける様子が切り取られている。

また、ロケ地となった岡山県のIPU・環太平洋大学では、一足先に先行試写会が実施された。上映後には学生から、「恋したくなった!」「恋に対する考えが変わった」という声が続々。本作では4人のキャラクターたちが「恋とは何か」を本気で探究していく姿が描かれるが、本作を観た学生たちからも恋について、「恋とは、ワクワクするもの」「恋とは、気づいたらしているもの」「恋とは、嬉しい、楽しい、悲しい、様々な気持ちで溢れていること」など様々な「恋の定義」が飛び交った。

小林啓一監督は「恋は、自分のグレードがひとつ上がるもの、自分を奮い立たせるエネルギーがある、元気が出るものではないかと思います。人とのつながりが希薄になり、暗い雰囲気になりがちな特にこそ、明るく希望があるもの、人を活性化させるものはとても大切だと思います。恋愛映画は、社会派なテーマを扱う作品に比べると時に軽視されがちな部分もあると思いますが、恋は私たちにとって、同じくらい尊いものだと思います。この作品を観て、恋がたくさんの人の光になってもらいたい。映画を観た後に、恋っていいな、と思って頂けたらと思います」とコメントしている。

【あわせて読む】神尾楓珠&西野七瀬、付き合う相手に求めるのは「共感」? “文科系”恋愛映画で初共演

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事