Home最新映画ニュース映画ナビ最新ニュース : ...

映画ナビ最新ニュース : 『義足のボクサー GENSAN PUNCH』夢に向かって突き進め!! “義足のボクサー”(何度でも立ち上がる尚生=尚玄)にフォーカスした特別映像解禁


『キナタイ -マニラ・アンダーグラウンド-』(09)で第62回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞、『ローサは密告された』(16) など、不条理な社会でもがきながら懸命に生きる人々を撮り続けてきたフィリピンの名匠ブリランテ・メンドーサ。社会派監督の最新作『義足のボクサー GENSAN PUNCH』は、プロボクシングライセンスが取得できない日本からフィリピンへと渡り、プロボクサーを目指した“義足のボクサー”を描く感動作だ。本日6月10日(金)、待望の全国公開を迎える『義足のボクサー GENSAN PUNCH』フィリピンの名匠ブリランテ・メンドーサ&主演・尚玄コメント満載の特別映像が解禁!

尚玄の出身地・沖縄で先行公開された『義足のボクサー GENSAN PUNCH』は、初日の回がすべて満席、東京で先行公開となったTOHOシネマズ日比谷でも、ヤング層から大人の観客まで幅広い観客を集めて話題を生んでいる。ボクシングを通して、夢に向かってひたむきにトレーニングする青年の姿は静かな熱狂と感動を呼び起こしている。

今回、待望の全国公開に合わせて、夢に向かって突き進む“義足のボクサー”=尚生にフォーカスしたスペシャル映像が解禁された。社会派監督として賞賛を浴びるメンドーサ監督の演出術と、“義足のボクサー”を演じた尚玄が語る、ボクシングに魅せられる理由とは!?

冒頭メンドーサ監督が、「私たちはジムにいて、主人公がトレーニングする最初のパートを撮影します。ここには日本人のボクサーがいますし、フィリピン人のコーチもいます。実際のフィリピン人ボクシングトレーナーです」と、フィリピンのジェンサン地区(GENSAN)に用意されたボクシングジムを紹介する。「私の演じる尚生は、プロのボクサーになるために不利な条件を克服しようとする義足の日本人ボクサー」だという尚玄は、プロボクサーになるために「フィリピンに来ました」と続ける。リングでの苛酷な撮影に挑んだ彼は、「ボクシングは最も厳しくて孤独なスポーツの一つ。心からボクサーたちを尊敬しています。だから全力でボクサーとしてのトレーニングに打ち込みました」と、ストイックに身体を鍛え、厳しいトレーニングを続けた。友人である土山直純氏の実体験を基に、製作者として構想から8年もの歳月をかけて映画を完成させた尚玄は、ボクサーとしての肉体作りだけなく、義足についても学び尚生というキャラクターを作り上げていった。

「正直、試合の前は恐怖がありました。なぜなら全部の試合シーンには振付がなかったからです。すべてプロのボクサーとの即興です」と、徹底してリアルな映像を求めたメンドーサ監督の演出に戸惑ったと明かす。現役のプロボクサーを迎えた迫真のファイトシーンが撮影されるリングサイドからは、「いいか、顔をこっち側に向けるんだ。そして目はほとんど閉じて」、「起き上がることができない、いいね?彼の声が聞こえたとき、ああやって目を開ける。それから声を聞き続けるんだ。突然ひとしきりのパワーがみなぎって立ち上がる。そしてもう一度強くなるんだ」と、監督の細やかな演出の声が発せられる。

「リング上では、何百人もの観客の叫びと歓声が勇気づけてくれます。とても圧倒されて心地よく、気持ちが高まったんです」という尚玄は、「なぜボクサーたちが再びリングに戻ってきたくなるのかが分かりました。なぜならあの瞬間を感じたいからです、彼らは決して忘れないでしょう」と、身も心も“義足のボクサー”になりきった尚玄の言葉で結ばれている。

台本無しでリアルな映像を追求したメンドーサ監督と、ストイックに役柄に向き合った尚玄の熱い絆が生んだ『義足のボクサー GENSAN PUNCH』は、本日6月10日(金)、待望の全国公開を迎える。
劇場へ急げ、そして『義足のボクサー GENASAN PUNCH』が放つ熱いメッセージを受けとめろ!

映画『義足のボクサー GENSAN PUNCH』メイキング2
https://youtu.be/GDrUJ0rFPKY 

____________________________________________________________

『義足のボクサー GENSAN PUNCH』

2022年5月27日より沖縄先行 6月3日(金)TOHOシネマズ日比谷にて先行公開 6月10日(金)全国公開
配給: 彩プロ
公式HP:https://gisokuboxer.ayapro.ne.jp/ /
(C)2022「義足のボクサー GENSAN PUNCH」製作委員会



Source link

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事