Home最新映画ニュース最新映画ニュース|総合プロ...

最新映画ニュース|総合プロデューサー・尾田栄一郎で贈る待望のFILMシリーズ第4弾!『ONE PIECE FILM RED』2年ぶりの有観客ジャンプフェスタに麦わらの一味キャスト 9名集結! – シネマクエスト


2021.12.22

日時:12月19日(日)
場所:幕張メッセ 国際展示場
登壇者:田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江、山口由里子、矢尾一樹、宝亀克寿 ※ブルック役:チョーはビデオ出演

 

 

週刊少年ジャンプでの連載開始から24年を超えた超人気コミック『ONE PIECE』(尾田栄一郎・著/集英社刊)。今年12月3日には、ついに大台超えの101巻が発売。累計発行部数は、全世界で4億9000万部(2021年11月時点)を超え、名実ともに“国民的コミック”として絶大な人気を博している。さらに1999年から放送開始したアニメ(毎週日曜あさ9時30分/フジテレビ系にて放送中)も、11月21日(日)についに1000話の放送に到達!コミックス100巻発売時には、原作者・尾田栄一郎からの「物語は終盤です。」というコメントもあり、コミックス・アニメともにシリーズ史上最大の盛り上がりを見せている!そして11月21日(日)、1000話を迎えたアニメ放送内にて、原作者・尾田栄一郎が総合プロデューサーを務めるファン待望の「ONE PIECE FILM」シリーズ第4弾、劇場版最新作『ONE PIECE FILM RED』の公開が発表。あわせて特報・ティザービジュアルも解禁され、ファンからは「ついに赤髪が動き出す!?」「また最高の夏がくるぞ!!楽しみ!!!!」「ONE PIECE FILM REDの予告見て鳥肌立った」など歓喜と期待に満ちたコメントが続々と寄せられ、Twitterの世界トレンド1位をはじめ、関連ワードが1日中トレンドを席巻するなど、『ONE PIECE』旋風を巻き起こした。12月19日(日)「ジャンプフェスタ2022」にて、『ONE PIECE』ジャンプスーパーステージが開催!生アフレコや新情報解禁など盛りだくさんのイベントとなった。

 

☆麦わらの一味キャスト9名が集結!生アフレコ披露や新情報解禁など盛りだくさん!
昨年度は新型コロナウイルス感染予防のため、オンライン開催のみとなっていたが、今年の「ジャンプフェスタ2022」はオンラインと幕張メッセでのリアル会場で同時開催。完全招待制での実施となったが、会場内は大盛り上がりで熱気に包まれていた!
最終日のトリを飾る『ONE PIECE』ジャンプスーパーステージには、モンキー・D・ルフィ役田中真弓をはじめ、ロロノア・ゾロ役中井和哉、ナミ役岡村明美、ウソップ役山口勝平、サンジ役平田広明、トニートニー・チョッパー役大谷育江、ニコ・ロビン役山口由里子、フランキー役矢尾一樹、ジンベエ役宝亀克寿ら、麦わらの一味キャスト9名が集結!(ブルック役チョーはビデオ出演)会場、そしてオンライン配信を大いに盛り上げた。

 

2021年、『ONE PIECE』は原作1000話、単行本100巻の発行、そしてアニメ放送1000話とそれぞれが大台を突破。イベント冒頭では、テレビアニメシリーズの初代オープニング曲「ウィーアー!」を、1000話放送記念として新規作画で復活させた「1000話記念:ウィーアー!」で幕開け。そしてワノ国を彷彿とさせる和風の衣裳に身を包んだ麦わらの一味キャストが登場し、原作1000話「麦わらのルフィ」の原画に合わせて、声優陣が圧巻の生アフレコを披露。会場に集まったファンからは溢れんばかりの拍手が送られ、さらにオンラインは、「最高すぎるんだけど・・・泣」「会場に行きたかった!」などのコメントで埋め尽くされ、冒頭からボルテージはマックスに!

 

一味のキャスト陣からは、約2年ぶりとなった有観客イベントへの感謝の気持ちが語られながらも、お客様へご挨拶。今回、ジンベエ役宝亀は麦わらの一味となってから、初めてジャンプフェスタ参戦。「アニメ初登場から10年・・・長かった!こうやって参加できて本当に嬉しいです!」と感動を語った。

 

さらにスーパーステージスペシャル企画として、“アニメスタッフ陣が選ぶ「泣ける名台詞」原作シーンガシャポン!”のコーナーへ。大好評稼働中のガシャポン“ワンピの実”を回して、カプセルの中の名台詞をその場で披露するスペシャルな企画が実施された。

作画監督・横山健次さんが選んだ60巻・590話のジンベエの名台詞、総作画監督・市川慶一さんが選んだ85巻・856話のサンジの名台詞、キャラクターデザイン・松田翠さんが選んだ50巻・485話のゾロの名台詞、シリーズディレクター長峯達也さんが選んだ9巻・81話のルフィの名台詞など珠玉の名シーンが生アフレコで次々と披露され、さらにはアフレコの時の裏話なども語られた。会場には涙を流すファンの姿も。

 

そして、本イベント前に決勝戦が配信された「第3回ONE PIECEナレッジキング」の表彰式も実施。ステージ上に優勝者の“のすけ海鮮丼”が登場し、キャスト陣たちから表彰され優勝旗・尾田栄一郎からのイラスト色紙などが授与された。

イベントは『ONE PIECE』最新情報のコーナーへ。2022年を盛り上げる一大コンテンツ8月6日公開の『ONE PIECE FILM RED』の超特報が流れると、会場からは大きな拍手が上がり、キャスト陣も久しぶりとなる映画、そして原作者・尾田栄一郎が総合プロデューサーを務める『FILM』シリーズということもあり大盛り上がり。そしてこのステージで、麦わらの一味・映画オリジナル衣裳が初解禁となった。まだまだ謎に包まれている本作。キャスト陣は一人一人の衣裳を見ながら、今回の衣裳コンセプトはなんなのか、映画の舞台はどんな場所になるのか、など予想合戦を繰り広げ、「チョッパーのヲタ芸楽しみすぎる!」「サンジ・ゾロかっこ良すぎる」「今回の舞台はフェスか!」など配信を見ている方のコメントも大盛り上がり!来年8月の公開への期待がさらに高まる内容となった。

 
さらにNETFLIXオリジナルシリーズとして全世界独占配信されることが決定している実写版『ONE PIECE』キャストからのジャンプフェスタ独占コメント映像も到着。テンションの高い実写キャスト陣がどのような世界を届けるのか、今後の展開に目が離せない。

 
イベントの最後には、ジャンプフェスタ恒例となる原作者・尾田栄一郎のメッセージが到着し、田中真弓によって代読がされた。コメントの中には、「漫画1000話パーリーに始まり、100巻パーリーをへて、アニメ1000話パーリーとパーリーパーリーな一年でした。」「映画『RED』!謎の女の子、シャンクス、ルフィ!シャンクスって実はまだまだ謎の多いキャラクター。」「シャンクスがこれだけちゃんと映画に出るのは初ですよね。出るよ!」とシャンクスの登場を決定づけるコメントも。そして「漫画が25周年!だそうです。また担当達がいろんなことを企てているので楽しんでね。来年も超熱いです。応援のほど、よろしくお願いします。」(コメント一部抜粋)と25年を超えてもなお、勢いの止まることのない『ONE PIECE』に、まだまだ熱い展開が待っていることをコメントした。そしてステージ恒例の楽曲「Family」を、初となる10人Verとして披露してイベントを締めくくった。

 
「ジャンプフェスタ2022」スーパーステージの様子は、12月22日(水)より「ONE PIECE公式YouTubeチャンネル」(https://www.youtube.com/c/onepieceofficial)にて期間限定アーカイブ配信される。





Source link

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事