Home映画松村沙友理 主演『推し武道...

松村沙友理 主演『推し武道』映画化が決定「自分自身の思い出がとても強い作品」 | マイナビニュース


松村沙友理 主演『推し武道』映画化が決定「自分自身の思い出がとても強い作品」

ヒットコミック『推しが武道館いってくれたら死ぬ』が映画化され、2023年春に全国公開することが決定。さらに、映画化決定とあわせて、主演を務める松村沙友理と、原作者・平尾アウリのコメントが到着した。

【写真】松村沙友理主演・『推し武道』映画化が決定

累計100万部超えの大ヒットコミック『推しが武道館いってくれたら死ぬ』。2015年8月より『月刊COMICリュウ』(徳間書店)にて連載を開始すると、2017年には『このマンガがすごい!2017』オトコ編第12位、第3回「次にくるマンガ大賞」コミックス部門第11位にランクイン。2020年にはテレビアニメ化もされ、『推し武道』の愛称で親しまれている人気作品だ。

ABCテレビの2022年10月クールドラマLにて同名タイトルで初実写ドラマ化されると、原作の再現度の高さと、”推し活”のあるあるが詰まった共感度の高いストーリーが多くの視聴者の胸を打ちたちまち話題を集めた。

物語の主人公・フリーターのえりぴよは、地元・岡山のマイナー地下アイドル・ChamJam(チャムジャム)のメンバー・市井舞菜に人生のすべてを捧げている伝説的なファン。自らの服は高校時代の赤ジャージのみ、収入の全てを推しである舞菜に貢ぎ、24時間推しのことを想い、声の限りを尽くして名前を呼ぶ。プライベートでの布教活動など、推しが生きる活力となっているというキャラクター。

ドラマに引き続き、そんな熱狂的なオタク・えりぴよを演じるのは、元乃木坂46の松村沙友理。『プロミス・シンデレラ』(TBS系)、『愛しい嘘〜優しい闇〜』(テレビ朝日系)など、女優として多岐にわたる作品に出演。本作がグループ卒業後、映画初主演作となる。

▽松村沙友理コメント

「『推し武道』のドラマから沢山の反響を頂いて、撮影の時から自分自身の思い出がとても強い作品だったので、映画化が決定してとても嬉しいです。ドラマの中では描かれなかったえりぴよと舞菜の新しいエピソードだったり、ChamJamの思いなども、とても深く描かれているので、ぜひ映画館でご覧になっていただきたいです。映画で初めて披露されるChamJamの曲もありますので、私も映画館で観るのをとても楽しみにしています!」

▽平尾アウリ

「ドラマ化に続き映画化もして頂けることとなりまして、嬉しく思っております。漫画家人生において映像化を目標にしていた私ですが、そのひとつとして映画にして頂けることを夢に見ていましたので、今作は私の夢を叶えてくれる作品となりました。スタッフの皆様、キャストの皆様、応援してくださる皆様のお陰で叶えられたことです。どんな映画になっているのか…私も映画館で観ることを楽しみにしております」

【あわせて読む】アイドルオタクを熱演・松村沙友理、元乃木坂46が語る『推し武道』の尊さ

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事