Home最新映画ニュース現代社会仕様にアップデート...

現代社会仕様にアップデート!『貞子DX』、生命と愛に寄り添う『天間荘の三姉妹』など週末観るならこの3本!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS


週末に観てほしい映像作品3本を、MOVIE WALKER PRESSに携わる映画ライター陣が(独断と偏見で)紹介します!

MOVIE WALKER PRESSスタッフが、いま観てほしい映像作品3本を(独断と偏見で)紹介する連載企画「今週の☆☆☆」。今週は、大人気シリーズ最新作で、木村ひさし監督&小芝風花主演で贈る“DX”なジャパニーズホラー、「スカイハイ」のスピンオフでのん、門脇麦、大島優子が三姉妹に扮するヒューマンドラマ、事故をきっかけに記憶を失ったヒロインが、次第に精神が混乱していく様子を描くサスペンスの、緊張感のある3本。

怖いけれど、笑えるし、笑えるけど、やっぱり怖い…『貞子DX』(公開中)

【写真を見る】ビデオを観てしまった文華の妹、双葉(左、八木優希)。彼女を救うべく文華は奔走する(『貞子DX』)
【写真を見る】ビデオを観てしまった文華の妹、双葉(左、八木優希)。彼女を救うべく文華は奔走する(『貞子DX』)[c]2022『貞子DX』製作委員会

日本が誇る世界的ホラーアイコン“貞子”の呪いを描いた、最恐ホラーシリーズの最新作。“呪いのビデオ”を観た人が24時間後に突然死する事件が全国各地で発生。IQ200の天才大学院生、一条文華は、自称占い師の前田王司、謎の協力者、感電ロイド(黒羽麻璃央)と一緒に“呪いの方程式”を解明するために奔走するが…。

これまでもあの手この手で観る者を震撼させてきたこのシリーズだが、本作は現実世界の状況やスピード感に相応しい様々なアップデートが行われている点にまずは驚愕!呪いのビデオを観た者は“1週間後に死ぬ”から“24時間後に死ぬ”に。貞子の呪いも“ビデオを観た特定の人だけを殺す”設定から“SNSで拡散して世界中の人々を一気に死滅させる”生々しい人類滅亡のスケールに変異。しかも、ほかの誰かに呪いのビデオを観せれば死から逃れられたこれまでのルールはもはや通用しない。では、どうすればいいのか!?

新しい恐怖がそんな感じで次々に襲いかかってくるが、呪いの謎に挑む文華役の小芝風花と王司に扮した川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)の凸凹コンビぶりがなによりも新感覚!いつもは強くてカッコいい川村が恋愛体質でビビりなチャラ男になりきっているのが面白いし、彼に「近い!」、「名前で呼ばないで!」ってズバッと言う小芝との息もピッタリで思わず爆笑しちゃう。「恐怖と笑いは紙一重」ってよく言うけれど、まさか貞子の映画で笑うなんて!怖いけれど、笑えるし、笑えるけど、やっぱり怖い!この面白さは観た人にしか分からない!!(映画ライター・イソガイマサト)

運命を決められない人々の、生命と愛に寄り添っている…『天間荘の三姉妹』(公開中)

臨死状態のたまえが、地上と天国の間にある三ツ瀬で働く姿を描く『天間荘の三姉妹』
臨死状態のたまえが、地上と天国の間にある三ツ瀬で働く姿を描く『天間荘の三姉妹』[c]2022高橋ツトム/集英社/天間荘製作委員会

『ALIVE アライヴ』(03)以来、監督と原作者として何度もコンビを組んできた、北村龍平と漫画家、高橋ツトムの最新作。今回は北村監督お得意のアクションを封印し、天界と地上の間にある街、三ツ瀬町を舞台に、この先の運命を決められない人々の、生命と愛に寄り添っている。

地上では体が脳死状態のまま、この町へやってきたヒロイン、たまえを演じるのがのん。現在の町民のほとんどは、東日本大震災の津波によって命を失った人々で、自分の死を受け入れることも天界へ行って転生することにも踏ん切りがつかない彼らが、生命力あふれるたまえの登場によって気持ちに変化が起きてくる。そんなたまえを見守る腹違いの姉たちに扮した大島優子、門脇麦とのアンサンブルも絶妙で、現世では出会えなかった三姉妹がお互いを理解していく様を、北村監督は繊細に描いた。

寺島しのぶ、三田佳子、永瀬正敏、柴咲コウなど豪華なキャストが脇を固めているが、やはり魅力の中心はのんで、持ち前の明るいパワーがたまえのキャラとマッチして、このヒューマンファンタジーを血の通った人間ドラマにしている。ラストには爽やかな感動を呼ぶ、北村監督の新境地といえる1本だ。(映画ライター・金澤誠)

タイトルに大ヒントがありながら、面白いほど先が読めない…『君だけが知らない』(公開中)

ソ・イェジが、記憶を失くした女性に扮する『君だけが知らない』
ソ・イェジが、記憶を失くした女性に扮する『君だけが知らない』[c]2021 CJ ENM. All Rights Reserved.

日本でもヒットした「サイコだけど大丈夫」のヒロイン、ソ・イェジ主演のサスペンス。事故で記憶を失ってしまったスジン(イェジ)は夫ジフン(キム・ガンウ)の献身的なサポートで、日常生活を取り戻し始める。だが、自宅に戻った日から彼女にはどこか違和感があった。天涯孤独な彼女は夫以外の誰のことも知らない、思い出せない。ある日、彼女は自宅付近で交通事故に巻き込まれそうになった少女を助けようとするが、幻だった。彼女が見たのは未来か、幻想か。以来、ビジョンが見えるようになった彼女は次第に混乱し、夫に疑惑を抱き始める。

一番身近な人、唯一頼れる人が信じられないショック。計算し尽くされた展開は、「君だけが知らない」というタイトルに大ヒントがありながら、面白いほど先が読めない。心に闇を持つ役が抜群にうまいイェジが今回はくびれすぎのウェストや長すぎる足など、抜群のプロポーションを封印して、日常が蝕まれていく普通の女性の恐怖を見事に体現している。(映画ライター・高山亜紀)

映画を観たいけれど、どの作品を選べばいいかわからない…という人は、ぜひこのレビューを参考にお気に入りの1本を見つけてみて。

構成/サンクレイオ翼

※高橋ツトムの「高」は「はしごだか」が正式表記



Source link

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事