Home最新映画ニュース禁断のグラマラス! 歴代女...

禁断のグラマラス! 歴代女優がカンヌのレッドカーペットで纏った透け感たっぷりのシースルードレスを振り返る(フィガロジャポン) – Yahoo!ニュース


【画像】禁断のグラマラス!カンヌを魅了した歴代女優のシースルードレスの数々

透け感のあるシースルードレスは、クロワゼットの魅惑的な武器。第七芸術と華やかなモードの世界とが出会うカンヌ映画祭のレッドカーペットでは、毎年、グラマーで、ゴージャスで、センシュアリティなルックが登場する。

スリット入りのドレス、きらびやかなジュエリー、荘厳なトレーン……。女優やモデルたちは、最も美しい衣装を身にまとい、超絶的な魅力を放つ。中でもデコルテや胸の谷間、あるいは全身のボディラインを見せるシースルードレスは、カンヌの禁断のグラマラスを表現するものだ。

第70回カンヌ国際映画祭のオープニングセレモニーで、モニカ・ベルッチは、全体が透けたインペリアルネイビーのドレスでパレ・デ・フェスティバルのステージに登場し、ステージパートナーのアレックス・ルッツと熱のこもったキスを交わした。それと同時に、胸元がちらりとのぞくディオールのシースルードレスの催眠術のような力によって、神話的な瞬間が刻まれた。

その4年後の2021年、フランスの女優メラニー・ティエリーは、7月12日の映画『フレンチ・ディスパッチ』上映会の大階段で、ディオールのスモーキーグリーンのドレスを纏い、さらに翌7月13日の映画『Tralala』上映会の大階段で2度の誘惑を放った。ショーツの上から纏ったスパンコールがきらめくトランスペアレントなセリーヌのクリエイションは、2021年版のハイライトとなった。

ビアンカ・ジャガーからケンダル・ジェンナーまで

この傑作は、後に90年代を代表する女優となるシャロン・ストーンをインスパイア。そして、2018年、スキャパレリによるクリエイションを纏い、白鳥のようにレッドカーペットを歩いたケンダル・ジェンナーの姿も記憶に新しい。さらに今年は、エヴァ・ロンゴリアが最新版のシースルールックを纏い、オープニングセレモニーに登場した。

シースルードレスは、見えない糸のように世代を超えるクリエイションなのだ。

text: Alexander Peters (madame.lefigaro.fr)



Source link

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事