Home映画米映画撮影で銃撃、俳優訴追...

米映画撮影で銃撃、俳優訴追へ 2人死傷、過失致死罪で:東京新聞 TOKYO Web



 アレック・ボールドウィンさん(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】米西部ニューメキシコ州の映画撮影現場で2021年10月にスタッフ2人が小道具の銃で撃たれ死傷した事件で、地元検察当局は19日、銃を使用した俳優アレック・ボールドウィンさん(64)を過失致死罪で訴追する方針を明らかにした。米メディアが報じた。

 ボールドウィンさんは銃には弾薬が入っていないと聞かされていたと主張していたが、検察はボールドウィンさん自身が銃の安全性を確保する義務があったと判断した。

 事件は10月21日に発生。小道具の銃には実弾が入っていたとみられ、撮影監督=当時(42)=が死亡、監督が負傷した。



LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事