Home47ronin赤西仁、キアヌの侍姿を絶賛...

赤西仁、キアヌの侍姿を絶賛「すごくセクシー」 | ORICON NEWS


 米俳優のキアヌ・リーブス、歌手の赤西仁らが19日、都内で映画『47RONIN』(12月6日公開)のワールドプレミアに出席した。赤西は、同作の見どころを聞かれ「監督が創り出した映像美、CG、キアヌを中心とした殺陣のシーン」を挙げ、さらに「個人的に、キアヌの侍姿はすごくセクシーだと思う」と絶賛。それを聞いたキアヌは「ドーモ!」と笑いながらお礼を述べた。

【写真】その他の写真を見る

 同作がハリウッド映画初出演となった赤西は、緊張のせいか「何て言うんだったけ」と言葉に詰まりつつも、「この作品に参加できて光栄に思っています」と感慨深げ。5年ぶりの来日となったキアヌは「すごい方々と共演できた」と作品に手応えをにじませ、終始「サムイ!」など日本語を披露し上機嫌。その後もメモを読みながら「皆さんと会えてうれしいです! 映画見て下さいね」とゆっくり日本語で話し、会場に集まった1000人のファンを喜ばせた。

 『忠臣蔵』を大胆にアレンジした同作は、非業の死を遂げた主君の敵を討つべく集まった47人の浪士と異端の混血のサムライが協力し、数々の試練を乗り越え決死の戦いに臨む姿を描く。イベントにはそのほか、真田広之柴咲コウ菊地凛子浅野忠信國元なつき中嶋しゅう出合正幸山田浩、米本学仁、曽我部洋士、羽田昌義田中泯、カール・リンシュ監督が出席した。



LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事