Home映画Apple、Nikeとタッ...

Apple、Nikeとタッグを組みスポーツ映画を制作へ – iPhone Mania




 
AppleNikeの両社は、次世代のアスリートを鼓舞し、スポーツの力を称える映画制作のため長編映画契約を締結した、と報じられています。

制作担当者は以前スポーツ映画監督でオスカーにノミネート

Deadlineによれば、2つの巨大ブランド間の協力体制では、Appleがプロジェクトの資金調達および配給を行い、Nikeの専門制作レーベルWaffle Ironのジャスティン・ビスキン氏が、Makereadyのブラッド・ウェストン氏とコリン・クレイトン氏と共に制作を担当することになっているとのことです。ウェストン氏は、Paramount Picturesで制作責任者を務めた際に、オスカーにノミネートされた『ザ・ファイター』などのスポーツ映画の監督を務めた経験がある人物です。
 
ザック・ファン・アンバーグ氏とジェイミー・アーリヒト氏率いる設立2年のApple Original Filmsは、『Coda コーダ あいのうた』で初のアカデミー作品賞を受賞し、エミー賞を獲得した『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』でスポーツ映画に本格参入を果たしています。

AppleはF1レース映画を製作中

Appleは現在、ブラッド・ピットが主演のタイトル未定のF1レース映画を現在製作中です。監督は『トップガン マーヴェリック』のジョセフ・コシンスキーで、F1レーサーのルイス・ハミルトンがプロデューサーを務めています。
 
 
Source:Deadline
Photo:Apple
(lexi)



LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事