Home最新映画ニュースT・シャラメ主演&プロデュ...

T・シャラメ主演&プロデュースの血まみれ純愛ホラー「ボーンズ アンド オール」のメイキング映像 : 映画ニュース


2022年12月20日 19:00

シャラメのプロデューサーデビュー作

第79回ベネチア国際映画祭で、監督賞、新人俳優賞を受賞した、ティモシー・シャラメ主演、ルカ・グァダニーノ監督の最新作「ボーンズ アンド オール」のメイキング映像が公開された。

アカデミー賞脚色賞に輝いた「君の名前で僕を呼んで」(2017)以来となるシャラメとグァダニーノ監督の再タッグ作で、人喰いの男女の純愛というセンセーショナルな設定で、賛否両論を集めた。18歳のマレンは初めて、同じ秘密を抱えるリーという若者と出会う。人を食べることに葛藤を抱えるマレンとリーは次第に惹かれ合うが、同族は食べないと語る謎の男の存在が、2人を危険な逃避行へと加速させていく――。リーと運命的な出会いを果たすマレンを演じるのは「WAVES ウェイブス」で注目されたテイラー・ラッセルアカデミー賞俳優マーク・ライランスが物語の鍵を握るサリーを怪演する。

画像2

映画の舞台裏を映したメイキング映像では、マレン役のラッセルが「社会からあぶれた二人の若者の物語。極限の状況で自分探しをする二人は恋に落ちる」と解説。「闇に引き込まれる逃避行ロマンス」の本編の一部が映されると、リーを演じたシャラメは、グァダニーノ監督を「正真正銘の芸術家だ」と讃え、「ルカとの2作目で初めて創造的な取り組みができた」とプロデューサーデビューについても語る。

グァダニーノ監督は、「脚本を読んだ瞬間、強く惹かれる何かを感じた」といい、「登場人物を映画の世界観の中で考え、二人が打ち解けていく様子を描くこと」を目指したと明かす。その後も衝撃度マックスの本編映像が連なり、監督・キャストが語る禁断のテーマの一部が明らかになっていく。

ボーンズ アンド オール」は、23年2月17日公開。

(映画.com速報)





Source link

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事